自転車安全整備士

  • 民間資格
  • 実務制限:なし
  • 学歴制限:なし
  • 年齢制限:なし

自転車安全整備士とは

自転車安全整備士は、自転車整備のスペシャリスト。自転車安全整備士が点検・整備した自転車には傷害・賠償責任保険付帯の「TSマーク」(Traffic Safetyマーク)を貼ることができる。自転車屋さんに人気の資格である。

自転車屋さんの開業に有利な他、自転車を扱う小売店やホームセンターなどへの就職・転職の際にもアピールできる資格である。

自転車技士とのWライセンス

試験は「自転車技士」と同じ日程で行われるため、ダブル受験をする人が多い。(実技試験が共通になっている)

自転車安全整備士の資格・試験情報

受験資格
18歳以上で、自転車の安全利用に関する指導、自転車の点検整備等の実務経験が2年以上ある者
試験日
8月(試験地により異なる)
申込期間
5月下旬~6月上旬
申込方法
インターネットより申し込み
合格発表日
10月1日にホームページで発表、本人へ送付
受験料
18,900円
試験地
北海道、宮城、埼玉、茨城、千葉、東京、愛知、滋賀、大阪、広島、香川、福岡
試験内容
【学科試験】
(1)自転車の種類、各部分の名称および機能など
(2)点検整備に使用する工具の名称およびその使用方法
(3)普通自転車の点検整備基準
(4)自転車に関する道路交通法などの知識
(5)自転車の安全利用の推進に必要な知識

【実技試験】
車輪の径の呼び26以上、前後ディレーラ付きの自転車新車1台と工具を持参
(1)分解:25分以内
(2)組立:80分以内

【面接試験】
自転車の安全な乗り方、安全な自転車の選び方、ルール、マナー等の知識・指導能力
受験者数
2,615人
合格率
71.8%
問合せ先
公益財団法人 日本交通管理技術協会
住所
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-6 エアマンズビル市ヶ谷
電話番号
03-3260-3621
公式サイト
http://www.tmt.or.jp/

過去問・サンプル問題

公式サイトで過去2年分の試験問題と解答を見ることができる
http://www.tmt.or.jp/safety/index5.html

関連する資格