美容薬学検定

  • 民間資格
  • 実務制限:なし
  • 学歴制限:なし
  • 年齢制限:なし

美容薬学検定とは

美容薬学検定とは、美容に関する薬学の知識レベルを客観的に評価する検定試験。化粧品(コスメ)やサプリメント、健康補助食品の販売者や、ビューティーケアの知識を磨きたい一般の人を対象とした検定試験である。

スポンサーリンク

美容薬学検定の階級

美容薬学検定の試験は1種類で、正解率によって合格級(1級・2級・不合格)が決まる。

  • 正解率60%未満→不合格
  • 正解率60%以上→2級合格
  • 正解率70%以上→1級合格

薬学検定との併願受験

美容薬学検定は、同事務局主催の「薬学検定」と同時開催されるため、併願受験が可能である。美容薬学検定試験と併願できるのは、試験時間の重ならない薬学検定の3級か4級の試験のみ。

美容薬学検定の資格・試験情報

試験日
6月・11月の年2回
申込期間
3月1日~4月15日/9月1日~10月15日
申込方法
公式サイトから願書をダウンロードし、郵送による申し込み
合格発表日
試験日の1~2ヵ月後
受験料
6,100円
試験地
東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台の6都市
試験内容
■出題方式
マークシート方式(五肢択一)
70問、120分間

■基礎科目(約30問)
(1)からだの構造・機能に関する問題
・皮膚(血管を含む)の構造
・毛髪、目、口(歯を含む)の構造
・ホルモンの働き
・その他

(2)皮膚(肌)のトラブルに関する問題
・皮膚(肌)、毛髪に関わる疾患(トラブル)
・その他

(3)衛生管理に関する問題
・細菌、ウイルス、真菌
・抗菌(殺菌消毒)・抗ウイルス・抗真菌
・その他

■専門科目(約40問)
(1)美容・エステ・コスメなどに関する専門的な用語の問題(約10問)
(2)化粧品、医薬部外品の美容成分(特に皮膚・毛髪に適用するもの)に関する問題 (約15問)
<保湿成分、美白成分(歯のホワイトニングを含む)、美容液成分など>
(3)サプリメント・保健用食品などの成分(特に内服するもの)に関する問題(約15問)
問合せ先
NPO法人 日本セルフケア支援薬剤師センター(薬学検定事務局)
住所
〒663-8113 兵庫県西宮市甲子園口4-15-24
電話番号
0798-20-3379
公式サイト
http://yakugaku.or.jp/biyoken/

過去問・サンプル問題

美容薬学検定の試験の過去問は調査中です

関連する資格