認定看護師

  • 民間資格
  • 実務制限:あり
  • 学歴制限:なし
  • 年齢制限:なし

認定看護師(Certified Nurse)とは

認定看護師とは、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を持つものに与えられる資格。
高レベルの看護実践のできる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかることを目的として作られて資格である。

公式サイトの資料によると、2013年の新規認定者は1,719人で、認定看護師総数は12,522人になっている。

特定看護分野における3つの役割

1.実践
個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する
2.指導
看護実践を通して看護職に対し指導を行う
3.相談
看護職に対しコンサルテーションを行う

スポンサーリンク

認定看護師が扱う21の特定看護分野

救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護

認定看護師と専門看護師のちがい

「認定看護師」と「専門看護師」の資格は、いまいちちがいがわかりにくいが、求められている知識・能力・技術が異なる。

認定看護師

ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践の出来る者
→特定分野が細分化されており臨床に近い

専門看護師

複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた者
→特定分野における専門知識・看護技術にプラスして”マネジメント的要素”が強く、施設内の活動は多岐にわたる

認定看護師の資格・試験情報

受験資格
以下3つのの条件をすべて満たすもの
(1)看護師の免許を持っている
(2)実務経験5年以上(特定看護分野の実務経験は3年以上)
(3)認定看護師の教育課程を修了していること(6ヶ月615時間以上)
試験日
5月(年1回)
申込期間
3月下旬~4月上旬
申込方法
インターネットから申込み
受験料
50,000円
試験地
宮城、東京、愛知、大阪、福岡の各会場
試験内容
筆記試験(マークシート方式:四肢択一)100分
・一般問題(20問/50点)
・状況設定問題(20問/100点)
受験者数
1,719人
合格率
96%
問合せ先
公益社団法人 日本看護協会
住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2
電話番号
03-5778-8831
公式サイト
http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/

過去問・サンプル問題

認定看護師の教育機関の一部が、出願した人限定で過去門を開示しています。