認定看護管理者

  • 民間資格
  • 実務制限:あり
  • 学歴制限:なし
  • 年齢制限:なし

認定看護管理者(Certified Nurse Administrator)とは

認定看護管理者とは、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力を持つ者に与えられる資格。

多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対し、質の高い組織的看護サービスを提供し、看護管理者の資質と看護の水準の維持向上に貢献することにより、保健医療福祉に貢献することを目的として作られた資格である。

スポンサーリンク

認定看護管理者の教育課程

認定看護管理者の受験資格には
・大学院の指定領域の終了+所定の実務経験
・認定看護管理者の教育課程の修了
のいずれかを満たさなければならない。

教育課程は「ファースト→セカンド→サード」の3課程に分かれており、ファーストから順にすべてのレベルを終了するシステムになっている。

ファーストレベル

1.日本国の看護師免許を有する者。
2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。
3.管理的業務に関心があり、管理的業務に従事することを期待されている者。

セカンドレベル

1.日本国の看護師免許を有する者。
2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。
3.認定看護管理者教育課程ファーストレベルを修了している者。または看護部長相当の職位にある者、もしくは副看護部長相当の職位に1年以上就いている者。

サードレベル

1.日本国の看護師免許を有する者。
2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。
3.認定看護管理者教育課程セカンドレベルを修了している者。または看護部長相当の職位にある者、もしくは副看護部長相当の職位に1年以上就いている者。

認定看護管理者の資格・試験情報

受験資格
以下の(1)(2)を満たし、(3)のいずれかの条件を満たすもの
(1)看護師の免許を持っている
(2)実務経験5年以上
(3)
・認定看護管理者教育課程サードレベルを修了
・看護系大学院で看護管理を専攻し修士号を取得+修士課程修了後の実務経験3年以上
・看護系大学院で看護管理を専攻し修士号を取得+師長以上の職位で管理経験3年以上
・大学院で管理に関連する学問領域の修士号を取得+師長以上の職位で管理経験3年以上
試験日
5月(年1回)
申込期間
2月下旬~3月上旬
申込方法
インターネットから申込み
受験料
50,000円
試験地
宮城、東京、愛知、大阪、福岡の各会場
試験内容
■書類審査
■筆記試験
【マークシート方式・四肢択一】(40問/60分)
一般問題・状況設定問題
【論述問題】(1問/60分)
問合せ先
公益社団法人 日本看護協会
住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2
電話番号
03-5778-8831
公式サイト
http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/

過去問・サンプル問題

認定看護管理者の試験の過去問は調査中です