衛星管理者

  • 国家資格
    (必置資格)
  • 実務制限:あり
  • 学歴制限:あり
  • 年齢制限:なし

衛星管理者とは

衛生管理者とは、労働者の健康管理や作業環境の管理などを行う、職場の環境管理の専門家である。パートやアルバイトを含めて常時50人以上の労働者が働く職場では、衛生管理者を選任し、職場の衛生管理させなければならない。

スポンサーリンク

衛星管理者のレベル

衛星管理者の資格は第一種と第二種の2つに分かれる。

第一種衛生管理者

すべての業種の衛生管理者となることができる。

第二種衛生管理者

有害業務と関連のうすい、情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種のみ衛生管理者となることができる。

衛星管理者の資格・試験情報

受験資格
(1)大学or高専を卒業し、1年以上の労働衛生の実務経験がある
(2)高等学校を卒業し、3年以上の労働衛生の実務経験がある
(3)10年以上の労働衛生の実務経験がある
など
試験日
試験地により異なる(毎月1~3回程度実施)
申込期間
郵送は試験日の2ヶ月前~14日前、持参の場合は2日前まで
申込方法
郵送、または持参により申込み
受験料
6,800円
試験地
全国7ヶ所の各地区安全衛生センター
(北海道、宮城、千葉、愛知、兵庫、広島、福岡)
試験内容
労働衛生、関係法令、労働生理
受験者数
[第2種]26,960人 [第1種]55,080人
合格率
[第2種]66.2% [第1種]53.9%
問合せ先
公益財団法人 安全衛生技術試験協会
住所
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階
電話番号
03-5275-1088
公式サイト
http://www.exam.or.jp/

過去問・サンプル問題

第一種と第二種の各過去問題を見ることができる(公式サイト)
http://www.exam.or.jp/exmn/H_kohyomenkyo.htm