仏検(実用フランス語技能検定)

  • 民間資格
  • 実務制限:なし
  • 学歴制限:なし
  • 年齢制限:なし

実用フランス語技能検定(通称:仏検)は、文部科学省後援の日本で唯一のフランス語の技能検定だ。フランス語は、フランスだけでなく多くの国や地域、国際機関で使われており、英語に次ぐ公用語と言われる。

検定の基準が社会生活や日常生活におかれているところもポイントだ。
また2013年度より、仏検1級合格者には「通訳案内士外国語筆記試験」が免除されるようになった。

実用フランス語技能検定の階級とレベル

仏検1級:フランス語マスター

「聞く」「話す」「読む」「書く」という能力を高度にバランスよく身につけ、フランス語を実地に役立てる職業で即戦力となる。

仏検準1級:ビジネスレベル

日常生活や社会生活を営む上で必要なフランス語を理解し、一般的な内容はもとより、多様な分野についてのフランス語を聞き、話し、読み、書くことができる。

仏検2級:フランス語が使えるレベル

日常生活や社会生活を営む上で必要なフランス語を理解し、一般的なフランス語を聞き、話し、読み、書くことができる。

仏検準2級:一歩進んだフランス語

日常生活における平易なフランス語を、聞き、話し、読み、書くことができる。

仏検3級:基礎の総まとめ

フランス語の文構成についての基本的な学習を一通り終了し、簡単な日常表現を理解し、読み、聞き、話し、書くことができる。

仏検4級:日常のフランス語

基礎的な日常的フランス語を理解し、読み、聞き、書くことができる。

仏検5級:フランス語への入り口

初歩的な日常的フランス語を理解し、読み、聞き、書くことができる。

スポンサーリンク

仏検の読み方

公式Twittereによると仏検は「ふつけん」と読むのが正解。

ちなみに【仏検】は「ふつけん」とお読みください。「ぶつけん」や「ふっけん」ではございません。ましてや「ふらけん」でもございません。どうぞよろしくお願いいたします。
仏検事務局 ‏@futsuken_staff 2013年2月26日

仏検(ふつけん)とは「実用フランス語技能検定試験」です。「ぶつけん?」「ぶっけん?」「ほとけん?」といったつぶやきに遭遇するたびに、広報活動の不足を痛感させられる仏検事務局スタッフであります。
仏検事務局 ‏@futsuken_staff 2013年5月21日

仏検(実用フランス語技能検定)の資格・試験情報

受験資格
誰でも受験できる
試験日
6月・11月(1級は6月のみ、準1級は11月のみ)
申込期間
[春季]4月~5月/[秋季]9月~10月
申込方法
郵送、またはインターネットより申込む
合格発表日
試験日の約1ヵ月後
受験料
[5級]3,000円 [4級]4,000円 [3級]5,000円 [準2級]6,000円 [2級]7,000円 [準1級]9,000円 [1級]11,000円
試験地
全国主要都市約40ヶ所、パリ
試験内容
筆記、書き取り、準2級以上は面接
受験者数
[3級]7,208人 [準2級]4,719人
合格率
[5級]77.8% [4級]69.5% [3級]67.1% [準2級]53.3% [2級]32.7% [準1級]21.5% [1級]10.6%
問合せ先
公益財団法人フランス語教育振興協会 仏検事務局
住所
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-1 九段101ビル
電話番号
03-3230-1603
公式サイト
http://apefdapf.org

過去問・サンプル問題

仏検(実用フランス語技能検定)の試験の過去問は調査中です