販売士検定

  • 公的資格
  • 実務制限:なし
  • 学歴制限:なし
  • 年齢制限:なし

販売士とは

販売士とは、商品の開発や仕入、販売、物流などを効率的かつ効果的に行うことができる「販売のプロ」。
小売業のための資格であり、流通業界で唯一の公的資格として信頼を得ている。

スポンサーリンク

販売士検定の各級のレベル

販売士検定3級

小売店舗運営の基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身に付けている。売場の担当者などが対象。

販売士検定2級

小売業について、主として販売に関する専門的な知識を身につけ、ある程度の管理業務を遂行し、かつ部下を指導することができる。売場主任、部課長など中堅幹部クラスが対象。

販売士検定1級

小売業経営に関する高度の専門的な知識を身につけ、経営計画を立案し、総合的な管理業務を遂行できる。大規模小売店の店長や部長クラス、中小小売業の経営者クラスが対象。

販売士検定の資格・試験情報

受験資格
誰でも受験できる
試験日
[3級]2月中旬・7月上旬 [2級]10月上旬 [1級]2月中旬
申込期間
試験日の約2ヶ月前~1ヶ月前
申込方法
最寄の商工会議所から願書を取り寄せ、受験希望地の商工会議所へ申込む
受験料
[3級]4,000円 [2級]5,500円 [1級]7,500円
試験地
全国各地
受験者数
[3級]26,964人 [2級]11,438人 [1級]1,149人
合格率
[3級]67.7% [2級]64.4% [1級]19.2%
問合せ先
日本商工会議所
電話番号
03-5777-8600
公式サイト
http://www.kentei.ne.jp/retailsales/

過去問・サンプル問題

こちらで販売士3級のサンプル問題を見ることができる(公式サイト)
http://www.kentei.ne.jp/passing/sample.php
また、日経MJ(日経流通新聞)で各回の問題と回答例が掲載される。