インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

家具から照明まで空間をトータルに演出

インテリアコーディネーターの仕事・収入

インテリアコーディネーターの収入は、一般企業の年収と同程度です。 企業によっては、資格手当てがつくこともあります。

インテリアコーディネーターの就職先としては、主に次のような所があります。

・インテリアの専門店や百貨店などの売り場
・インテリアの製造メーカー
・建築設計事務所
・デザイン事務所
・住宅リフォーム会社
・住宅設備会社(浴槽やシステムキッチンなどを扱う会社)

インテリコーディネーターの仕事は、よく「独立がしやすい!」と宣伝されます。しかし、経験とセンスが重視される業界。インテリアコーディネーターの資格だけで独立するのは難しいでしょう。
インテリアコーディネーターの資格は、仕事への玄関口です。実務の中で多くの経験を積み、センスを磨けば、独立の道もあります。 独立の際には、「一級建築士」の資格もあれば仕事の幅が広がります。

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは、小さな小物から家具の配置、適切な照明など、快適な居住空間を演出する住まいのスペシャリストです。 最近のリフォーム人気で注目を浴びている資格です。

インテリアコーディネーターは、インテリアの売り場や製造メーカー、またそのデザイン段階で、顧客のインテリアに対するイメージを具体化し、専門家としてのアドバイスをしていきます。

インテリアコーディネーターに必要なものは、経験とセンスです。 また、日々変化する商品に対する勉強と、顧客のイメージを具体化していけるコミュニケーション能力も大切です。

家の設計や大規模な改装の仕事をするためには、「建築士」の資格が必要です。インテリアコーディネーターとしての仕事の幅を広げるためにも、ぜひ取得したい資格です。

インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネータの資格として、「社団法人インテリア産業協会」がインテリアコーディネーターとしての必要な知識・技能を認定する「インテリアコーディネーター資格試験」(民間資格)を実施しています。

インテリアコーディネーター資格試験は1次と2次に分かれます。
1次試験は、インテリア商品や販売・インテリア計画とその技術に関する筆記試験。
2次試験は、論文とプレゼンテーションになります。

インテリアコーディネーター資格試験の合格率は20%ほどです。

「インテリアコーディネーター」試験データ

・受験資格 制限なし
・実施時期 1次:10月/2次:12月
・試験方式 1次:マークシート
2次:論文、プレゼンテーション
・検定料金 ・基本:13,650円(同一年に1次+2次受験)
・1次試験先取り:10,500円(1次のみ受験)
・2次試験専攻:10,500円
(1次既合格者)
・試験時間 1次:
インテリア商品と販売(100分)、インテリア計画と技術(100分)
2次:論文試験(80分)、プレゼンテーション試験(140分)
・合格ライン 満点の70%以上

インテリアコーディネーターのなり方・学校と講座

インテリアコーディネーターになるには、大学・短大・専門学校の美術系学部・建築系学部・家政学部、インテリア学科などで学びます。

インテリアコーディネーター試験の受験資格には年齢制限がありません。働きながらやダブルスクールでインテリアコーディネーターの資格取得を目指すなら、通信講座や短期の講座も開催されているので利用しましょう。

~インテリアコーディネーターの講座があるスクール~