高齢者関連の資格

社会が変われば、必要とされる資格も変わってきます。これから大規模な高齢化社会が進む日本にとって、高齢者に関連する資格の需要はますます大きくなってくるでしょう。

高齢者関連の資格といっても、医療や福祉の資格だけではありません。最近の高齢者は元気なので、健康的な余暇を楽しんだり、資産運用や遺産の問題など、お金にまつわる資格も必要になってきます。

高齢者関連の医療の資格

・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・針灸あん摩マッサージ指圧師

高齢者は、ちょっとしたことで体調を崩したり身体機能が低下します。リハビリテーションの資格である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の高齢者分野での需要が急上昇しています。

ここには挙げていませんが、医師・看護師・薬剤師などの老舗の病院関連の資格も、もちろん需要が伸びています。

スポンサーリンク

高齢者関連の福祉の資格

・介護福祉士
・ホームヘルパー
・ケアマネージャー
・福祉住環境コーディネーター

高齢者社会を見越して、いわゆる高齢者施設や、在宅介護ビジネスなどが急増しています。高齢者の介護・福祉に関わるのが、介護福祉士・ホームヘルパー・ケアマネージャーなどの資格です。

ただ、正直なところ、資格に関わらず、福祉関連の仕事は待遇があまりよくないのが現状です。体力勝負だったり、勤務時間が不規則だったり、とてもハードな仕事の割りに、薄給だったりします。

それでも、福祉の仕事は、人に直接感謝されるやりがいのある仕事です。これからの高齢者社会においてキーとなる分野なので、国による待遇面の改善を期待したいですね。

高齢者関連のお金と法律の資格

・税理士
・ファイナンシャルプランナー
・弁護士
・行政書士

高齢者との関わりが少ない人には馴染みがないかもしれませんが、高齢者にとって、健康の問題と同じくらいに、お金や法律の問題が付きまといます。

資産運用や遺産相続、高齢者を狙った悪徳商法など、内容がややこしい上に老後の人生を大きく左右する問題に、親身になって相談に乗れる専門家が必要とされています。