高収入の仕事と資格(年収1000万円以上)

資格や仕事を選ぶ基準は人それぞれですが、収入が良い=高収入が期待できる資格というのも、判断基準のひとつと言えます。

ここでは、高収入=年収1000万円以上というのを目安として、「高収入がかたい資格」「苦労もあるが高収入の資格」「がんばれば高収入につながる資格」に分けて紹介していきます。

高収入(年収1000万円以上)がかたい資格

・司法試験(弁護士・検察官・裁判官)
・医師
・アクチュアリー

司法試験、医師、アクチュアリーの資格は、よほどのことがない限り高収入を得られる資格です。収入の最低ラインが年収1000万円で、資格取得後のがんばりにより、その数倍の収入を得ている人も少なくありません。

スポンサーリンク

はじめは苦労もあるが、高収入の資格

・公認会計士
・税理士
・MBA

公認会計士、税理士、MBAの資格は、苦労することはあっても、結果的に高収入に結びついている人が多い資格です。税理士は親の跡継ぎ税理士事務所ならスタートが簡単ですが、そうでない場合、独立して新規開拓する期間は、大きな苦労を伴います。

MBAの資格も、資格を取ることにより大きな信頼を得ることができますが、それを活かしてどういう仕事をするかが、収入を左右します。

がんばれば、高収入につながる資格

・弁理士
・司法書士
・不動産鑑定士

弁理士、司法書士、不動産鑑定士の資格は、大手事務所に勤務したり、独立して成功すれば高収入に結びつく資格です。

ただ、医師や弁護士、税理士などのように、最低ラインが年収1000万円ということではなく”がんばって”高収入という人も多く、同年代の一般サラリーマンより少し収入が高い程度に落ち着くケースもあります。