ネイリスト

ネイリスト

指先に輝きを与える繊細な技術

ネイリストの仕事・収入

ネイリストはネイルサロンを経営している企業に就職することが多く、その場合のネイリストの収入は企業によって変わります。ネイリストの正社員としての収入は月収15~20万円ほどです。平均すると、ネイリストの収入はエステティシャンの収入より少し低めです。

エステサロンに比べ、ネイルサロンの数はまだまだ多くありません。そのためネイリストの求人の競争率も上がります。またネイルアートはとても専門的な技術のため、採用には経験者やネイルスクールの修了が条件になっている所が多いです。

ネイルサロンに就職したら、将来のネイルサロンの店長候補として期待されます。店長になれば収入は月に30~40万円ほどに上がります。また店長として経験を積んだあとは、独立し自分のネイルサロンを開業したり、ネイルアートの講師として、スクールで教えることも可能です。

ネイリストとは

ネイリストとは、ネイルアートやネイルケアなど爪の専門家です。ネイルアーティストとも呼ばれ、手足の爪にキレイなデザインを施したり、爪の手入れをサポートする仕事です。

ネイリストの仕事は、もともとエステサロンのメニューの一つでした。それが近年、テレビや雑誌で”ネイル”という言葉が流行し、ネイルアートを専門に扱うネイリストやネイルサロンが登場しました。

ネイリストは筆やエアブラシなどを使い、爪という小さな範囲にとても繊細なネイルアートを施すので、手先の器用さと集中力が必要になります。そして大切なのはネイリストとしてのセンス。ネイルの急激なブームの中、客の目は確実に厳しくなっています。ネイリストとして成功するためには、客の要望を満たし満足させる、最先端の技術の習得が欠かせません。

また、客の手に触れ、とても至近距離で人と接する仕事なので、ネイリストにはコミュニケーション能力も不可欠です。

ネイリストの技術としては、
・ネイルケア…爪の形を整える(ファイリング)、爪の表面を磨く(バフィング)、甘皮の手入れ(キューティクルケア)など
・カラーリング…ネイリストの世界ではカラーポリッシュと呼ばれる
・手先や足先のマッサージ
・ネイルアート…エアブラシや3Dアートを用い爪をデザインしたり、爪を人工的に長くする(スカルプチュア)

などがあります。

ネイリストの資格一覧

ネイリストの資格には、国家資格・公的資格はありません。あるのはネイリストの協会が認定する民間資格だけです。

ネイリストの資格で有名なものは2つ。
「I-NAIL-A(インターナショナルネイルアソシエーション)」が認定する資格”ネイルスペシャリスト”と、日本ネイリスト協会が認定する資格”JNAネイリスト技能検定”です。

ネイルスペシャリスト

インターナショナルネイルアソシエーションが認定する資格。4つのレベルに分かれ、最上級のAAA級は合格率7%の難関試験です。AAA級の資格を取得すれば、トップネイルスペシャリストとしての知識と技術の習得が証明され、講習会の講師や同試験の監査官などの仕事も任されるようになります。

JNAネイリスト技能検定試験

日本ネイリスト協会が実施する資格試験。1級~3級まで3つのレベルに分かれています。試験は筆記と実技試験。毎回、試験の数ヶ月前に、日本ネイリスト協会が受験対策セミナーを開催するので、利用しましょう。

ネイリストのなり方・学校と講座

~ネイリストの講座があるスクール~