鍼灸師

鍼灸師

鍼や灸で病気を治す東洋医学の専門家

鍼灸師の仕事と収入

鍼灸師とは、鍼(はり)や灸(きゅう)を使って、病気の治療や予防を行う東洋医学の専門家です。

鍼は毛髪ほどの細さの金属の針をツボ(経穴)に刺して刺激を与え、血流をよくしたり、筋肉をほぐしたり、神経をしずめたりする療法で、 灸は薬草の艾(モグサ)を燃焼させツボ(経穴)に温熱刺激を与え、体調の回復を促す療法です。

はり師ときゅう師は、別の国家資格ですが、合わせて取得するケースが多いため、鍼灸師と呼ばれます。 また、あん摩マッサージ指圧師の資格も同時取得するケースも多いため、3つを合わせて針灸あん摩マッサージ指圧師と分類される場合もあります。

鍼灸師の職場は、病院や個人の治療院など。医師の指示のもとで施術します。鍼灸師の仕事は、「神経痛、リウマチ、五十肩、腰痛症、頚腕症候群」などの慢性疼痛疾患の場合にかぎって、健康保険がきくのが特徴です。

鍼灸師の収入は、病院や治療院で月給18万~25万円ほど。独立開業すれば収入はピンきりです。鍼灸師は小さな部屋と施術台と小道具があれば開業でき、低資金でも開業しやすい資格です。

ただ、開業することと客がつくことは別。数ヶ月はお客さんがこなくても食べていけるように、予算組みはしっかりしておきましょう!最近では、女性の鍼灸師も増え、美容やスポーツの分野でも活躍しています。

スポンサーリンク

鍼灸師のなり方・学校

鍼灸師になるには、国家試験の受験資格を得るために、文部科学省認定の養成学校などで3年以上の勉強が必要です。 学費は3年間で300万~600万円ほど。4年制の大学でも受験資格を得れる学校もありますが、その分学費も上がります。

注意したいのは、入学する学校のカリキュラム。
鍼灸師は、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の資格を3セットで取得する人が多い(必要な単位がほとんど変わらず、将来の仕事の幅が広がるため)のですが、 カリキュラムによっては3資格の受験資格が得られない学校もあります。

もちろん、まずは鍼灸師の資格をとり、必要に応じてあん摩マッサージ指圧師の資格をとる・・・という方法もあるので、自分が行きたい学校と取得できる資格についてきちんと調べておきましょう!

鍼灸師の資格

手を使ったマッサージは、法的には医師かあん摩マッサージ指圧師しか仕事にすることができないのですが、リラクゼーションと名づけてマッサージに似た施術を行う所が多くあります。 それに比べると、鍼灸師が施す鍼(はり)や灸(きゅう)は誰でもできる施術ではないため、職域を侵されることが少ないのがメリットです。