ソムリエ

ソムリエ

ワインを通した接客のエキスパート

ソムリエの仕事・収入

ソムリエとは、レストランなどで客の相談にのってワインを選び、サービスをする専門職です。通常、ソムリエの仕事は接客だけではなく、ワインの仕入れ・保管・在庫管理・季節とワインを絡めたメニューの企画なども含まれます。また、ワインを中心とした他のお酒も扱います。

ソムリエの勤務先としては、レストランやホテルが一般的です。業界内での資格の評価は高く、就職にも有利に働くでしょう。

働き方も、レストランのウェイター(ウェイトレス)から、ホテルや企業の販売・企画部門など様々な幅があり、収入は年収400万~1500万円ほどです。ソムリエの資格をしっかり活かせる職場をみつけましょう。

スポンサーリンク

ソムリエの学校と講座

ソムリエの資格は民間資格であり自称ワインの達人なら誰でも名乗れる仕事ですが、一般的には「社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)」が開催している資格試験に合格し、「ソムリエ」または上級資格である「シニアソムリエ」の資格取得を目指します。

ソムリエ試験:受験資格

次のどちらかの経歴があればソムリエ試験の受験資格があります
・ワイン及びアルコール飲料を提供する飲食サービス業の実務経験5年以上
・ソムリエ協会の正会員3年以上+上記実務経験3年以上

シニアソムリエ試験:受験資格

・ソムリエ資格取得後3年以上経過+実務経験10年以上

ソムリエとは

ソムリエ(sommelier)はフランス語で、女性の場合は特に「ソムリエール」ということがあります。日本では1985年に誕生した資格で、ワインブームの到来により、一気に有名になった資格です。

今では、野菜ソムリエや温泉ソムリエ、空気ソムリエ、星のソムリエなど、ソムリエを冠した言葉も多くあり、ソムリエという言葉自体が一般化したことがよくわかります。

ソムリエの資格

ソムリエの資格というと、ワインを通した接客業のための資格「ソムリエ」と「シニアソムリエ」が有名ですが、「社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)」は他の資格も発行しています。

ワインアドバイザー(シニアワインアドバイザー)

ワイン及びアルコール飲料の輸入・販売に従事している人や、料理教室の先生などのための資格

ワインエキスパート(シニアワインエキスパート)

アマチュアのワイン愛好家のための資格