事務系スペシャリストを目指す!!

総務事務

総務とは

総務とは、会社全体の総合的な管理業務を行う部署で、基本的にはどんな会社にもあります。

総務の仕事はとても幅が広く「これだ!」というのがわかりにくい仕事です。会社に勤める人達が気持ちよく仕事をし、会社がスムーズに運営されるための全体的サポートを担う部署です。また、総務部が人事の業務をかねることもあります。

総務事務の具体的な仕事内容

建物の管理

会社が入っている建物の清掃・補修・メンテナンスなどの仕事です。

備品・事務用品の管理

会社の持ち物である備品や物品の管理・発注の仕事です。

書類の管理

各種書類の作成・整理・保管の仕事です。

防犯・防災対策

社員が安心して働けるように、社内の防犯・防災対策をします。

イベントの企画

福利厚生などに関するイベントの企画も総務が行うことが多いです。

人事労務

社会保険や給与計算などの人事労務も総務が担うことがあります。

総務事務のなり方

総務事務になるには、通常の入社面接を受けて採用を受けたあと、総務を希望します。

就職活動の際は、社会保険労務士などの資格があるとアピールしやすいでしょう。総務事務には、正社員のほか、派遣社員、期間契約社員、パートなどの求人もあります。

総務事務に必要なスキル

多くの部署と横断的な付き合いが必要なため、コミュニケーション能力が不可欠です。

また、物品の発注にともなう金銭感覚、パソコンスキル、社会保険・労働基準法等の法務知識など、幅広い知識が要求されます。

総務事務のやりがい

総務部は会社の縁の下の力持ち的存在。総務部ががんばることにより、社員全員が安心して仕事をし、会社経営をスムーズに行うことができます。

また、総務が扱う経費の削減も重要な仕事。
光熱費・備品代・人件費・保険料などを見直し、会社経営を助けましょう!

総務事務で積みたいキャリア

人事労務として「給与計算や社会保険」の実務経験、「規定・規約関連」 や 「契約法務」 などの法務の知識と実務経験があれば、どこの企業からも引っ張りだこのスペシャリストになることができます。

総務事務に有利な資格

社会保険労務士
マイクロソフト オフィスス ペシャリスト(MOS試験)
司法書士
行政書士
秘書検定(秘書技能検定)

など、パソコンスキルやビジネススキル・労務・法務に関連する資格があると、総務事務の仕事に役立つでしょう。