TOEICとTOEFLと英検の違い:おすすめのケース

日本で有名な英語の資格というと「TOEIC」と「TOEFL」と「英検」がある。

英語力をアピールするならこのどれかを受験すれば間違いないが、どの資格が一番信頼されるのだろうか?活用するケースごとにおすすめの資格を考えてみよう。

TOEICテスト

TOEICはビジネス英語の試験資格として創設された資格試験。日本では英検よりも後発ながら、学生や社会人からの人気が高い。

TOEICは主に英語のリスニング(聞く)能力とリーディング(読む)能力を測定するためのテストである。

話す能力や書く能力も測定できるように、近年、「TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト」も誕生した。

企業への就職や転職に利用するならTOEICテストがおすすめである。

スポンサーリンク

TOEFLテスト

TOEFLは、英語圏への留学の際の基準点とされる資格試験。
もともと、英語圏の大学以上の授業を受講できるだけの英語能力があるかを判定するテストなので、アカデミックな内容も多く、ビジネスの資格試験としては向いていないとされている。

またTOEFLのテストでは「英語で考える力」も求められ、英語で考えることが苦手な日本人には難しい試験だ。

英語圏への留学に利用するならTOEFLテストがおすすめである。

英検(実用英語技能検定)

TOEICとTOEFLが英語の能力をスコアで評価するテストなのに対し、英検は英語の能力を、5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級の7段階の合格で評価するテストだ。

英語の分野では、歴史・受験者数ともに日本ではNo.1の資格試験だが、更新が不要な永久試験であることと、準1級~1級の細かい英語力の差がわからないなどの問題点がある。

近年、企業からの評価はTOEICの方が高いが、英検でも準1級以上がとれるなら就職や転職に利用できる。

まとめ

就職や転職に利用するならTOIEC。
アカデミックな場所や英語圏への留学に利用するならTOEFL。
準1級以上が取得できるなら英検。

それぞれ活用していこう!