事務系スペシャリストを目指す!!

一般事務

一般事務とは

一般事務とは会社の事務業務全般を行う仕事です。書類のファイリングやデータ入力、各種資料の作成などのデスクワークが主な仕事となります。

また、他の社員の業務のサポートをすることも多く、電話対応や受付、来客の取次ぎなどの細かな仕事を担当します。

仕事内容は会社により大きく異なる

一般事務は所属する部署が必要とする「事務業務全般」を担当する仕事なので、会社の大きさや業種、配属された部署により業務内容が大きく異なります。

大きな会社で書類の作成ばかりしている一般事務や、営業主体の会社でコールセンターのように電話ばかりしている一般事務、小さな会社で雑多な仕事を任される一般事務など、一般事務の仕事は千差万別。

配属前にどんな業務になるのかをしっかりと確認しておきましょう。

一般事務の収入

一般事務の仕事は、それほど深い専門知識を求められないことが多いため、他の事務職に比べても収入が低めに設定されているのが一般的です。

実務経験や資格取得をアピールして、収入UPをめざしましょう!

一般事務のなり方

一般事務としての求人があります。未経験の求人も多く、派遣社員やパートの求人も多いです。

「一般事務になりたい」というよりは、どんな業種で働きたいのか、一般事務の仕事の中で具体的に何をしたいのかを考えましょう。

便利な求人サイトはこちらで紹介しています。

一般事務に役立つスキル

一般事務にはパソコンスキルが必須です。「MOS(マイクロソフト オフィスス ペシャリスト)」の上級資格などがあれば会社でも重宝されるでしょう。

» MOSの人気講座を比較する

ビジネスマナーやコミュニケーション能力をアピールできる「秘書検定」や、会計スキルをアピールできる「簿記検定」(3級以上、できれば2級)があると役立ちます。

» 秘書検定の人気講座を比較する
» 簿記検定の人気講座を比較する

ファイリングや電話対応といった事務能力も必要ですが、 専門知識というよりは様々な状況に応じて臨機応変に対応する柔軟性や判断力、コミュニケーション能力が求められる仕事です。

一般事務のやりがい

一般事務は表に出る仕事ではありません。会社が効率よく機能するために、上司の指示を的確に判断して、正確な仕事をこなしていきましょう!

効率よく事務作業を行い、周囲と協力し、他の社員を助けながら、責任を持って仕事に取り組むやりがいがあります。

一般事務のキャリアアップ

一般事務は業務の範囲がとても広いので、身につけられるキャリアや必要とされるスキルには「これ」といったものがありません。会社によっては、文章スキル・英語力・簿記のスキルなどを身につけたり、求められたりすることもあります。

スキルや経験に応じた仕事をこなしながら業務の幅を広げていくといいでしょう。