事務系スペシャリストを目指す!!

営業事務

営業事務

営業事務とは、外回りで営業をしている社員をサポートし、デスクワークを担う仕事です。

営業部門に所属し、製品やサービスの受注・発注、見積書や請求書の作成、営業資料の作成、データ入力、電話対応など、営業活動をサポートすることがが主な仕事です。

営業事務のなり方

営業事務としての求人があります。簿記の知識や資格があると、取引会社の経営状態を分析して営業マンを助けることができるので、アピールできます。

営業事務に必要なスキル

基本的なパソコンスキルは必須です。営業資料の作成に関わるワード・エクセル・パワーポイントなども使えると安心です。また、営業職のサポートとして、電話応対など基本的な言葉使いや、伝票処理の仕組みの理解などが必要になります。

社内にいる分、社外からの電話に出ることも多いので、自社で扱っている製品について学んだり、クレームに対応する精神面の強さも必要になってきます。

パソコンスキルをアピールできる「MOS(マイクロソフト オフィスス ペシャリスト)」、ビジネスマスキルをアピールできる「秘書検定」「簿記検定」などの資格があると役立つでしょう。

営業事務のやりがい

営業職をサポートする仕事なので、縁の下の力持ちとして効率よく的確に手助けしましょう。また、取引会社の電話対応にあたることも多く、営業の第一歩として活躍できます。

営業事務で積みたいキャリア

事務職として、パソコンスキル、対人スキルを磨くこととともに、営業事務の特徴として、業界で扱う商品やサービスの知識が重要になってきます。

そのため、ある程度、業界をしぼってキャリアアップを目指す方が良いでしょう。